カラコンの基本知識

カラコンの正しい使い方
使い捨てタイプの正しい使用法
カラコンの「含水率」とは?
カラコンと病気の関係!予防法
人気の製品は?カラコンの種類
カラコンでコーディネート
カラコンは眼科で購入すべき?
場所別で選ぶカラコンのすすめ
赤ら顔を治すには
更年期障害のチェック方法
デブ・チビ・ハゲならどれがよい?

 

 

 


デートコースや場所で選ぶカラコンのすすめ


韓国の「オルチャン」ブームも手伝って、ますます人気を拡大しているカラコン。
最近では近視用や乱視用など、「度入り」のレンズも普及しています。

どれも安全に利用できるものばかりですが、シチュエーションによって活躍の度合は異なります。

「デート」をする場合、どこへ行く、何をする時、特にカラコンがおススメなのか、
個別にその理由をご紹介します。 

■初デート
あまりに派手なアイメークだと「引いてしまう」男性も多いようです。
つけま、カラコンなどで「盛る」のは控えめにして、ナチュラル系のレンズを使用すると良いでしょう。

■映画、劇場、コンサートなど
いずれも視力(クリアな視界)が大切な場面。
カラコンの機能性を優先したいところです。不測の事態に備えて、念のため予備のカラコンを携帯するか、眼鏡を一緒に持ち運ぶことをおすすめします。

■アウトドア系
景色を楽しみたい方はぜひ度入りのレンズを。
スキーなどスポーツをする場合や、海水浴や登山などのレジャーに良好な視界は欠かせません。ただし、激しい運動をしたり、水の中に入ったりすると、レンズがずれてしまうことも多いようです。予備のレンズを携帯し、一時的にカラコンを外すことも検討してみましょう。視界の確保が難しい場合には眼鏡を使用してくださいね。アイメイクが汗で溶けると、目に入ってレンズを汚してしまうことも。メイクをいつもより控えめにする、ウォータープルーフの化粧品を使用するなど、予防策を講じましょう。

■インドア系
「何をするか」にもよりますが、カラコンは必要ないかもしれません。
人目のない場所では「目を休める」くらいの気持ちで、眼鏡、裸眼で過ごすのも良いでしょう。

■ショッピング
意外に視力矯正の効果を実感できるシチュエーション。乱視用のカラコンは通常のレンズと比べやや高価ですが、ぜひ装着をおすすめします。快適なショッピングを実現してくれるでしょう。

■ドライブ 視力によっては、自動車の運転中、眼鏡やコンタクトレンズの装着が「法的な義務」として定められています。自分が運転する場合には、使い慣れたものを装着し、不測の事態に備えて予備のレンズ、眼鏡も携帯するようにしてください。


http://カラーコンタクトレンズ.com/